人生は冒険かーイギリスほのぼの暮らし

イギリスで設計事務所で働きながら2児の子育て奮闘する母の日記

ドバイ到着!そしてヨーロッパ風(!?) 庭付き “Villa” へお引越し

 

みなさんこんにちは!

 

旦那の仕事の都合で10年住んだイギリスからドバイに家族で引っ越してきて、早1週間が経ちました。

 

ドバイという都市は、急激に発展を遂げた近代都市として噂には聞いていただけで、ヨーロッパの文化や古い街並みが好きだった私にとって、スカイスクレーパーが建ち並ぶなんともラグジュアリアスなイメージが漂う「ドバイ」は、正直あまり、というか全く興味がない場所であった。

 

 

でもそんなところに移住することになるなんて、本当にこれまた人生って面白いなぁと。

 

人生はすべて自分で決めているようで、実際はただのハプニングなんだって誰かが言っていたけれど、本当にそうかも。

 

 

まぁ、日本→イギリス→アラブという移動なのできっと何かまた世界観が変わるかもしれないし、どう思うか自分でも全く想像がつかないけれど、何か新たな発見を心待ちにやって来ました。

 

 

着いたのは夜だったので、最初の印象は、空港出るとすぐ首都高の夜景がより近代化した感じの未来都市(?)に入り、東京のレベルアップ版だな、というくらい。

 

 

この辺はヨーロッパからのお引越しと言えどもアジア出身、全く驚きもせずむしろ、帰ってきた!くらいの感じ。

 

 

ただし、住まいはどうしても未来都市だけは避けたかった。

 

これは多分10年住んだイギリス的価値観の影響かもしれませんが、都市居住と田園居住では私の中では完全に田園居住に軍配が上ります。

 

 

スカイスクレーパーには住みたくない。

 

 

静かで、ちょっとでも緑の見える低層、できれば庭付きの家に住みたい。

 

 

ってそんなのドバイにあるんですか?って思うかもしれませんが、あります!結構あります。

 

多分ヨーロッパからの Expat (駐在) 向けの開発なんだと思います。

 

広さも5ベッドルームある豪邸から、2ベッドルームの庶民用まで色々。

 

そして、まだ1週間しか住んでないけどとってもいい。静かで区画ごとに公共のプールが付いていてファミリーにはとってもおススメです。

 

 

f:id:UIKO:20191016024421j:plain

Dubai

f:id:UIKO:20191016024451j:plain

Swimming Pool


 

その上、トレンディーなスカイスクレーパーのマンションより価格が多少安い。

 

ちなみに賃貸の単価は以前記事にしましたが、東京、ロンドン、ドバイではドバイが一番安いです。↓↓↓

 

www.uikovoyage.com

 

 

そしてご覧の通り、10月半ばにしてまだプールに入れる。

暑いです。

 

 

はい、

 

そしてびっくりしたこと。

 

このように、夕方気温が下がる頃子供達を近くの公園に連れて行ったら、予想外にいっぱい人が出てた。

 

f:id:UIKO:20191016034258j:plain

Dubai

 

それはいいのですが、よく見るとヨーロッパ系と思われるほとんどの子供達がアジア系ナニーさんたちに連れられているのです。

 

えー、これはイギリスでは見なかった風景。

 

そして日本でも見ない風景ですね。

 

 

香港などの都市でこのようなスタイルが定着しているのは知っていたのですが、ドバイもそうなんだ。アジア的。

 

これはちょっと衝撃的で、本当に色々考えさせられます。

 

フィリピンやインドなどから来ているナニーさんたちは、自国に家族がいらっしゃいます。だから一人で出稼ぎに来ているのです。

そして他人の子供の世話をして自分の家族に仕送りをしているのです。

 

その中の一人の方とお話をしましたが、国に帰るのは2年に一回だそう。

 

そっかぁ、

 

でも、子供達の当のお母さんたちはどうしているかというと、これまたフルタイムで働いているんです。だからナニーを雇っているんです。(もちろん中には、働いていないでナニーを雇っている人たちもいますが)

 

複雑ですね。

 

 

なんだかこの都市の性格を垣間見た気がしました。

 

 

なにはともあれ、みんなにとってより良い世界を願って。

 

 

それではまたね〜