人生は冒険かーイギリスほのぼの暮らし

イギリスで設計事務所で働きながら2児の子育て奮闘する母の日記

Goodbye UK そして サプライズプレゼント!!

 

みなさんこんにちは!

 

イギリスからドバイへ移住。

 

イギリス最終週は息子たちの学校最終日があった。

 

次男はまだ3歳で幼稚園だけど、長男は6歳になり小学校も3年目。仲の良い友達もいて「学校変わりたくない」とつぶやいていたのでどんなお別れになるかと少し心配していたのですが、

 

最終日が近づくにつれお迎えの時に色々なお母さんから、一緒に写真を撮らせて〜と、声をかけてもらったりして、

 

私自身はあまり子供の学校のママたちとは積極的に交流をしてこなかったので、

お兄ちゃんは6歳ながらに、学校という社会の中でひとりでしっかり自分の居場所を築いていたんだなと、驚いたりした、笑。

ま、当たり前のことかもしれないけど、子供って勝手に成長してるんですね。

 

 

私は、せっせと最終日に Year 2 のみんなに渡す鉛筆とHARIBOのお菓子セットの作成。

 

 

f:id:UIKO:20191011035508j:plain

Goodbye gift

 

イギリスでは自分の誕生日やらお祝い事があるとスイーツをクラスメイトに配ったりする。

 

長男にはよくプレイデイトや誕生会をせがまれていたけど、8月生まれ、プラス仕事もあってほとんどお友達を家に呼んであげたりもできなかったから、最後くらいはということで準備。ドバイではもっとやってあげよう。

 

でも色々な人に見送ってもらえて笑顔の最終日となりました。

 

f:id:UIKO:20191011040331j:plain

Friends

 

そしたら次の日、お友達のひとりの家族から、最後にどうしても家に寄ってと言われ行ってみると、

 

なんと息子の親しい友達のママたちがサプライズのプレゼントを用意してくれていたのです! ↓↓↓

 

f:id:UIKO:20191011161256j:plain

Surprise Gifts

 

お友達がメッセージピクチャーを持って撮った写真のコラージュと、クラスの集合写真が印刷されたクッション!
 

 

なんて良い友達とそのママたちに恵まれたんだろうと、しみじみ、そして感謝です。最後までありがとう。

 

 

旦那は出発の前日に迎えに来るだけだったので、家の引き払いまでひとりだったからどうなることやらと思いましたが、なんとかギリギリセーフという感じで間に合って、イギリスを無事立つことができました。

 

 

イギリスでは色んなことを学んだなぁ。これは本当に人生の肥やし。

 

でもなんだかんだブログ書くのって難しくて、全部は記事にできなかったかなぁ。

それがちょっと心残りだけど、またいつか書けるかな。

 

 

さて、次はアラブの国、どんな世界が待っているのでしょう。

 

 

とってもワクワク。

 

イギリス、ありがとう。

 

またいつか会いましょう!

 

それではまたね〜